標高千数百メートル級の急峻な山々が続く修験道の聖地で、北部を「吉野」、南部を「大峯」と呼ぶ。既に10世紀中頃には、日本第一の霊山として中国にもそ の名が伝わるほどの崇敬を集めた。

「吉野」は修験の隆盛に伴い、開祖とされる「役行者」(7〜8世紀頃)ゆかりの聖地として重視された。また、「大峯」は吉野と「熊野三山」とを結ぶ 大峰山脈の総称であり、山岳での実践行を重んじる修験道では、山に入って苦行を重ねながら踏破することを「奥駈」あるいは「峰入」と称して最も重視され た。大峯はこの「奥駈」の舞台であり、日本各地から多くの修験者が訪れるところとなり、「吉野・大峯」をモデルに全国各地に山岳霊場が形成された。冬季は 氷雪に閉ざされる険しい峰々が信仰の対象とされ、数多くの行場や、拠点となる寺院・神社を結んで尾根筋をつたう「大峯奥駈道」が走る。

また、吉野は桜の名所として名高いが、これは霊木である桜を献木するという宗教行為によって植え続けられてきたもので、わが国でも他に例をみない文化的景観となっている。