奈良県生駒郡斑鳩町に位置する法隆寺及び法起寺の建造物群の総称。法隆寺は世界最古の木造建築として知られ、法起寺は日本最大最古の三重塔で有名。仏教伝 来直後の仏教建築物で、日本の宗教建築に深い影響を及ぼしたものであること、中国文化への順応、及び結果的に日本独特の様式を確立した代表的な例であるこ となどが高く評価され、1993年、世界文化遺産に登録されました。

法隆寺は、7世紀初期に創建がはじまり、大きく西院伽藍と東院伽藍に分けられ西院には世界最古の木造建築物である金堂をはじめ、 日本最古の五重塔、エンタシス式の柱が特徴的な中門や廻廊などが存在しこれらは中国や挑戦にも残存しない初期の仏教建築様式となります。 東院には八角形の夢殿があり、1000年以上もの間、さらしに巻かれて絶対秘仏とされていた救世観音像が安置されている。 像の公開は春と秋の特別開扉時期のみ。